一つ一つを、丁寧に。

毎日淡々と仕事をし家に帰り、

週末がきて週末を過ごしての繰り返しをしているけれど

 

確実に時間は過ぎていて、

 

だらしなく生きていたり、

一生懸命生きていたりしても、

 

ただただ時間が過ぎてしまっているけれど、

 

私の時間が過ぎていくように

だれかの時間も過ぎていっている。

 

それが私の知っている人でも

私の知らない人でも

 

時間が過ぎると何かが少しずつ変わっていて

 

当たり前が急になくなったり

急が当たり前になっていたり

 

予想していなかった事もあったりして

 

そんな時にやっと

過ぎてきた時間の儚さを感じる。

 

そんな時に後悔しないように

毎日、丁寧に、振り返っても儚くならないように

生きていようって思うのだけど

 

それが、難しいんだよなぁ。

お腹が空いている時に食べたいスイーツ

DSC05668
食事をした後にいくおしゃれなデザートって女の子にとってはかなり重要だと思うけど
あまり夜遅くまでオープンしているカフェがないグアムの中でも
女子の欲を満たしてくれるのがこの”Haagen-Dazs Cafe”。
DSC05671
ハーゲンダッツのアイスをチョコフォンデュでいただく至福。
またいこーっと!

韓国で四柱推命(サジュ)

先日韓国に弾丸1泊2日で遊びに行った時に、サジュ(四柱推命)を受けて来ました。

2万ウォン(約2千円)で仕事・お金・結婚などの項目から一つ選んで話を聞くか、
3万ウォン(約3千円)で総合的に話を聞くか選べたので、
迷わず3万ウォンを払い、総合的に聞くことに。

四柱推命は中国の長い歴史に培われた運命を推し測る占いで、
生まれた年・月・日・刻 の四つの柱で、先天運を知ることができる。
つまり、自分が生まれたその時からの生まれ持った運がわかるのです。
イッツ・ア・スピリチュアル・ワールド。

日本にいる時に興味があり話を聞こうと思っていたので、
自分の生まれた時間を事前に知っていたのは友人もびっくり。

写真を撮るの忘れちゃったのが残念だけど、
道端の(今回はシンサの道端)小さなビニールハウスのような
よく韓国ドラマでトッポッキを食べる時に見るような屋台の中で占ってもらいます。
名前は言わず、生年月日、生まれた時間、どこで生まれたのかを伝え
そこから本をみながら私の運命を割り出してくれました。

さて。結果は。
誰もが羨ましいと思う結婚をする。
解決師である。

とのこと。詳しくは次の記事にて。

Challenge comes with fear

IMG_2907

挑戦には、不安がつきもの。

それは誰もが言われれば分かることだけど、いざ自分が挑戦できる環境になると、「失敗したらどうしよう」という不安な気持ちが勝ってしまって、挑戦せずに楽な方を選んでしまう。例えば仕事で言えば、仕事を辞める、という楽な選択肢をとってしまう。

挑戦できる、自分が成長できるチャンスが来た時には、まず、不安という大きな大きなおばけが襲いかかってくるが、怖がらずに立ち向かうと、実際は何もないただの煙、そんなことになると言うことを、忘れないようにすればいい。逆に長いな。チャンスが来た時は、成長できる!と考えれば良い。んーなんか違う。

まぁ、特に今回のように、私は大きなキャリアステップというものを目の前にして、「給料が少ない」「嫌な人がいる」「オフィスがきたない」「やることが難しい」「責任が多い」など、挑戦から逃げるためのあらゆる理由を作り出して、自分の中に逃げるべき正当な理由を作り出していた。

今日ジェニーと話して、給料も少ないけれど、このポジションはいろんな人と交流ができるし、何より自分自身の成長に繋がるんだということを再認識した。すっかりGMにはわがままな子供なところを見せてしまったな。泣いてうずうずとしてしまって、お恥ずかしいところを見せてしまった。いつものことだけど。

まだまだ19日まで時間があるので、できるだけの準備をして、自分のステップアップできる環境にいられるように努力しよう。GMには迷惑をかけないように、できるだけのことをしてミッションを達成しよう。自分のミッションがわからなくなった時には、随時確認しよう。

Reflecting first week of the hotel life

DSC04429This will be the diary for me to stay in touch with the trends of the world and to keep me updated to all of my lovable family and friends. Hope I don’t get tired of writing this easily. Will try my best.

This week, I started to live in a tropical island in America. My dream in the future is to live back in San Fransisco someday, so I’m regarding this as one step up to achieve my goal. (in my plan, this goal will be achieved around when I’m 60yrs old.). Also I will be living in London in two or three years before I get 30. Thats my career plan for the next few years.

Back to the topic. I never thought I would be living here three years ago, when I visited this island with my colleges for the first time. At the time, we fortunately (or unfortunately) inspected all the 5 hotels we have and had no time to spend our time. That was a good experience. I think.

This week was so busy, learning all the things about the hotel and the hospitality. Wished I had learned hotel hospitality when I was in college. Meeting new staff (of about 150??) was very exciting but I have such a bad memory so I have to try to remember manager’s level staff’s name first.

DSC04365

Thanks to Mr.S, announcing who I am before I came here, everybody’s very kind here. Loving the island hospitality of “living with the weather”. Hoping everybody’s doing well in Japan, Chile but missing my home already… and missing all my friends. But, I know I could grow up a little here so I will try hard for at least a year or so.

DSC04448DSC04450